防音とは

ピアノの音も漏れない

防音とは、完全に音を消すことではありません。
聞こえる音を小さくするものです。
「防音室を設置するから、どんな音でも大丈夫!」ということにはなりません。
どんな音をどのくらい小さくしたいのか、それに合わせて防音工事の内容も変わります。
防音材・防音室の種類や選び方、効果的な使用方法など、素人には分かりづらいこともありますので、まずは専門の業者に相談されることをおすすめします。

防音のハウススタジオ

大音量のスピーカー

楽器を演奏して発表したり練習したりするためには、防音設備は必要です。
一般的な住宅の場合でも、室内に防音室を設置して、周囲に迷惑をかけずに音楽を楽しむことができます。
個人での防音室設置以外にも、ライブハウスなどの店舗でも防音工事は重要です。
外部への迷惑にならないように防音工事を行い、更に内部の音響効果を高める工夫をして、気持ちよく演奏できる、音楽を楽しむ空間づくりがもう一つの目的です。防音室を設置したり、効果的な防音工事を行うためには専門家に相談することが大切です。

音響や防音設備について熟知した専門家ならば、スタジオの使用目的や周辺環境、スタジオを設置する建物の構造に合わせて、最適な提案をしてくれます。
ライブハウスでも個人利用でも、初めから防音室が必要であると分かっている場合には、後から設置したり改修するよりもコストが削減できるので、設計の段階から防音工事を組み込んでおくことが必要です。
信頼できる、経験豊富な専門業者に依頼すると、効果の高い防音室を造ることができます。
リハーサルや撮影にレンタルすることのできるハウススタジオには、防音構造を採用している施設もあります。
ロケーションと機能の両面を備えているハウススタジオは使い勝手が良く便利です。
ハウススタジオは様々な条件でレンタルされていますが、演奏をしたい場合には、防音設備が基準をクリアしているのか、検討する必要があります。
ハウススタジオ情報を検索できるサイトで、情報を集めると効率的です。

注意点

今日もうまく歌えた

楽器を弾いたり音楽を聴くのが趣味だと言う人は防音にも興味があると思います。
一般の住宅でそのまま大音量の音楽を聴いたり、楽器を弾いたりすると近所迷惑になりますから、そういった趣味があっても一般の住宅では気を使って趣味を満喫できないと言う人も多いです。
しかしせっかくの趣味ですから、どうせならば思い切って楽しみたいものですね。

そこで重要になるのが防音工事です。一般の住宅を防音工事をして防音室やハウススタジオを持つようにすれば思い切って音楽を楽しめるようになります。
防音工事はリフォーム業者や工務店などが請け負っているので、音が漏れないような防音室やハウススタジオを持ちたいと思ったら、まずは相談をしてみると良いですね。
防音工事をして防音室やハウススタジオを持とうと思った時、一つだけ注意しなければいけない事があります。
それは防音工事をしたからと言って完璧な無音にはならないと言う事です。
防音室やハウススタジオを自宅に作ったとしても100%の防音は難しいのです。
ですから工事をする前にその認識だけは持っておかなければいけません。
一般的な感覚ですと防音工事をすれば100%の音をシャットアウトできると思いがちですが、それは無理だと言う事です。
ですから完成してあとでトラブルにならないようにするためにも工事業者としっかりと対話をして、どの程度の防音を求めるのかと言う事を伝える必要があります。
これに注意をすれば快適な音楽ライフを送れますから、これだけはしっかりと覚えておきましょう。

オススメリンク
趣味を楽しむなら防音室の完備をしておきましょう。いくら演奏しても何も言われないので音楽好きにはオススメですよ!
ドラム特有の音、振動にも対応した防音工事ならこちらから|サウンドゾーン
防音室の設置でピアノを思い切り弾きたいなら|環境スペース
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031